英雄への鎮魂歌(4.5 part2)メインストーリーを振り返る・2

0

    ガレマール帝国皇帝、ヴァリス・ゾス・ガルヴァスとの間でもたれた和平交渉は決裂に終わり、

    ついに国境地帯「ギムリト」にて戦端が開かれた。

    エオルゼアの危機に駆けつけた東方連合と光の戦士たちの活躍もあって、

    どうにか帝国軍の第一波を退けた同盟軍陣営であったが、天を覆う暗雲のように

    先行きはなお厳しいことは明らかである。

    鳴り止まぬ砲声と、謎めいた呼び声は、誰がための鎮魂歌だというのだろうか――。

     

     

     

     

    光の戦士は「ウオオオオ!魂が引っ張られてすごい頭痛がするー!」みたいな感じなのに

    「この仕事を任せられるの君しかいない!頼んだよヒカセン君!」的なことを言われていたころ…

     

     

    ヒエンさんたちは、ゼノっさんと対峙していた…。

     

     

    以下、ネタバレなので続く!

     

    続きを読む >>

    英雄への鎮魂歌(4.5 part2)メインストーリーを振り返る・1

    0

      ガレマール帝国皇帝、ヴァリス・ゾス・ガルヴァスとの間でもたれた和平交渉は決裂に終わり、

      ついに国境地帯「ギムリト」にて戦端が開かれた。

      エオルゼアの危機に駆けつけた東方連合と光の戦士たちの活躍もあって、

      どうにか帝国軍の第一波を退けた同盟軍陣営であったが、天を覆う暗雲のように

      先行きはなお厳しいことは明らかである。

      鳴り止まぬ砲声と、謎めいた呼び声は、誰がための鎮魂歌だというのだろうか――。

       

       

       

       

      漆黒のヴィランズが近づいてきましたね。

      ということで、今までのお話をまとめておこうと思います。

       

       

      石の家にマキシマさんがやってきた!

      あのまま行方不明になって終わりかと思ってたよ!(ひどい)

       

       

      以下ネタバレなので続く

       

      JUGEMテーマ:ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター


      光の中学生はまた寄り道している。

      0

        「毎日ちょっとずつやればメイン進むよな」

        「うむ」

         

        そんな話をした翌日。

         

        光の中学生は木を伐っていた。

         

         

        「( ゚Д゚)ハァ?」

         

         

        「…メインは…?」

        「今日はギャザクラをやりたい気持ちだから!」

         

        エエー。

         

        「アラガーナの村長は結局裏切ったの?」

        「村長は裏切ってなかった」

         

        …本当に、そうでしょうか?

         

        私が見ていた限り、村長は「自己責任でなら解放軍の勧誘やってもいいけど

        ワシは関係ないですから!自己責任で!ワシ関係ないんでヨロシク!」って

        言ってただけだったみたいだが…。

        裏切る裏切らないの前段階だったような気がするんだが…。

        (※内容は覚えていません)

         

         

        「なんかさー」

        「うん?」

        「村人が予想以上に悲しい境遇で、村長が裏切るかどうかワクワクしながら

        見に行ったらいかんような気がしてきた…」

         

        エエエエエー!?

         

        アラミゴはほとんどの土地が悲しい境遇だった気がするんだけど…

        虫が全力で殺しにくるわ、髑髏連隊は殺しにくるわ

        王家は身内だのなんだの殺しまくって内乱誘発した挙句滅びてるし

        石は売れないわ、塩田はほろびてるわ

        紅蓮の解放者様が解放しないと悲しいままだった気がするんだよねー…

         

        「それはそれとして」

         

         

        「ラザハンカルゼオータムシャツにクウェインチュレル脚を合わせたら

        スカート消えたんですけど」

         

        あああー!!それ前から言われてたわー!!ww

         

        「ただのパンツになったんですけど!」

         

         

        よしだーー!!www

         

         

        紅蓮祭の水着脚を合わせることでパンツ状態からは脱出しましたww

         

        JUGEMテーマ:ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

         

         


        光の中学生は紅蓮へとたどりついた。

        0

          次の拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」の予約が始まりましたね。

          プロデューサーレターライブで拡張の内容が紹介され、新規エリアの妖精郷イル・メグとか

          新しい種族のヴィエラとか、新しい職業のガンブレイカーとかが発表され

          じわじわと期待が高まっているわけですが

           

          そんな中、やっと!

           

          やっと!

           

           

          中学生がラールガーズリーチにたどり着きました!

           

          彼がFF14を始めたのが、ちょうど紅蓮のリベレーターが始まったころだったので

          2年遅れくらいです。

          寄り道したり休止したりで「やっとか!」って感じですがw

           

          そんな彼の、紅蓮のリベレーターに入って最初の言葉がこれです。

           

          「若葉マークが消えた!!」

           

          そりゃいつまでも若葉マークではあるまいw

           

           

           

          当時話題になったラウバーン討滅戦も滞りなく終わり、中学生は初めての土地

          ギラバニア山岳地帯に足を踏み入れる…

           

           

          正直、この辺のストーリーはうろ覚えである。

          「モンクAF胴が欲しければアラミゴ解放軍に入りなさい!」という強引な勧誘や

          「私のチャクラを開くためにお前は死ね!」みたいなことを言ってきたヴィダルゲルトや

          雲海に捨てたはずの目玉を懐からドヤ顔で取り出して、すしざんまいのポーズ(中学生談)を

          取ったあげく、フハハハハーグシャア!とかやったイルベルドのせいで

           

           

          「アラミゴ奪還に協力する気はないってこと!?」って言われるくらい、アラミゴに対する気持ちが

          下がっていたからです。

          ファイル見返したら、このへんのSS撮ってなかったw

           

          ちなみに、ギラバニア山岳地帯の敵は巨大な虫…

           

          「虫が!」

           

          「全力で俺を殺しに来ている!」

           

          …た、確かにアクティブ印が付いてるから、引っ掛けたら襲ってくるな…

           

          (検証のため、後日撮影に行きました)

           

          リセ「五歳になるかならないかまで、この村にいたの」

           

          「近くの虫が全力で襲ってくる村にいたとかすごいな…」

           

          確かに…

           

          「その先行ったらアニラって奴がでてくるんだけどさ」

          「うん」

          「昔よく殺されそうになってたw」

           

           

          「空気まで俺を殺しに来る!!」

           

           

          なんというヤバい世界w

           

          メッフリッド「村で解放軍参加者を募ろうと思うが、鉄仮面の事もあったし

              正直勧誘は厳しいと思う。しかも村には帝国のスパイが潜んでいる可能性は

              すごく高い」

           

          メッフリッド「まずは村長に話をしよう。村長は昔からの付き合いだし信用できる」

           

           

           

          「…この村長が絶対裏切ると思う」

           

          なぜ!?

           

          「昔からの付き合い、とか、信用できる、って言われた奴は絶対裏切る!」

           

          何故そんなに疑ってかかるのか!?

          厳しすぎるギラバニアの風土が、中学生の心を殺伐としたものにしてしまったのか!?

          (そんなことはないですw)

          だが私にはそれをひっくり返すだけの言葉を持たない…

          なぜなら、このへんのストーリーを全く覚えていないからだ!w

           

          蒼天を超えし光の戦士の、紅蓮の旅は始まったばかりである…。

           

          JUGEMテーマ:ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター


          口の横の気になるポイントについて

          0

            すっごい気になっていた「クワガタ皇帝の口の横の気になるポイント」

             

             

            私以外の人もすごく気になっていたらしい。

             

            Twitterでこのことをつぶやいたら、

            「あそこに食べ物を蓄えてるんじゃないかな?」

            「入れ歯の合ってないおじいちゃんを思い出した」

            というお返事をいただきましたw

             

            やっぱり気になるよね!!

             

            JUGEMテーマ:ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター



            PR

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << December 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 夢の世界の遊園地に行ってきました!
              Asuka
            • 夢の世界の遊園地に行ってきました!
              ばんび
            • ちっさくなってからおおきくなる話
              ばんび
            • 冒険のはじまりを思い出してみる
              ばんび
            • 今年の紅蓮祭(SASUKE)
              Asuka
            • 今年の紅蓮祭(SASUKE)
              ばんび
            • 光の中学生は修学旅行に行ってきた
              Asuka
            • 光の中学生は修学旅行に行ってきた
            • ごぶさたしております
              ばんび
            • 光の中学生は紅蓮へとたどりついた。
              Asuka

            links

            profile

            書いた記事数:870 最後に更新した日:2019/11/29

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM